ヴェルサイユ宮殿とその庭園で世界中に知られるヴェルサイユの町は、パリの南西16kmに位置し、フランスの歴史上重要な場所。ルイ13世から16世までの王の町ということだけでなく、フランス革命の揺籃の地でもあります。17世紀にルイ13世がヴェルサイユで狩り場を造りましたが、そのときの小さな村はもう存在しません。太陽王ルイ14世によって、この町は完全に変わりました。彼は、この地にヨーロッパで最大の城の一つ:ヴェルサイユ宮殿を造ったからです。